緊急!!佐伯ごまだしと大葉ソースが「つぶれない店」で紹介された!

食べる
この記事は約2分で読めます。

大分名産品の佐伯ごまだし大葉ソースが、「坂上&指原のつぶれない店」の「コロナ禍で困っている商品を成城石井で販売する」という企画で紹介されました。

残念ながら佐伯ごまだしは落選しましたが、大葉ソースの販売が決定しました。

この2つの商品は、ネットでも購入することができますが、この放送のおかげで品薄状態になって買うことができません。

植木農園さんの大葉ソースとはどんなもの?

大分県は全国有数の大葉の生産地で、大葉ソースの大葉は100%大分県産物を使用しています。
大葉を作っているのは植木農園さんで、過去に内閣総理大臣賞や黄綬褒章を受賞しているそうです。

この大葉ソースは植木農園さんの大葉を一杯使って、大分県中津市の田中醤油さんがスペイン産のオリーブオイルや食塩、にんにくをブレンドして作られています。そのため、香りがよく旨味のあるソースに仕上がっています。

パスタやピザ、パン、カルパッチョ、サラダなど色々な料理に使用して食べることができます。

私は、バニラアイスにかけて食べていますがアイスが一段と美味しくなります。

佐伯ごまだしとはどんなもの?

佐伯ごまだしは、大分県佐伯市の地元漁師さんの奥さん達が手作りしている万能調味料になり、郷土料理100選に選ばれたこともあります。

手作りのため量産ができないことや魚を使っているため安定供給ができないことがネックになって販売決定にはいたらなかったようです。

白身魚を焼いてから丁寧に身をほぐして、胡麻やみりん、砂糖と一緒にすり合わせて醤油を足して作られています。地元では、うどんにかけて食べるのが一般的な食べ方になりますが、他にも冷や汁や焼きおにぎりに塗ったりと色々な使い方ができます。

まとめ

大分県の名産品の大葉ソースと佐伯ごまだしが、「坂上&指原のつぶれない店」で紹介されました。TVでの反響が大きくて現在では品薄状態になっていますが、使いかってのよい物ですので一度は食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント