とり天の東洋軒・くるくる寿司の亀正・天丼のとよ常の攻略方法は?

スポンサーリンク
とり天
この記事は約6分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

大分県別府市には、たくさんのオススメする食事処があります。

そんな中で、絶対に外さない「東洋軒」・「亀正」・「とよ常」は行列必須のお店になります。

この3店の攻略方法はあるのでしょうか?

ズバリ、ありますよ!

スポンサーリンク

とり天発祥のお店!別府の東洋軒で並ぶ

大分県といえば、とり天です。

別府市内には、たくさんのとり天を食べさせてくれるお店があります。

でも、やっぱり発祥のお店って魅力的じゃありませんか?

開店前から行列ができる東洋軒の攻略方法は?

東洋軒

ここの東洋軒は開店前から行列ができますが、これもある意味仕方なくもあり楽しみだと私は思います。

また、ここの東洋軒はほぼ100%のお客さんが観光客なんです。

待つのが嫌な方は、9時にお店に行って名簿用紙が入口に出るのを待ちましょう。

大体、9時30分には入口に名簿用紙が出ます。

そして、名前と人数を記入してから観光地に行って、10時45分前には再び戻って来てください。

あまり遅くなると、駐車場が空いてないこともありますので注意してくださいね。

この方法が、一番待ち時間が少なくて済みます。

最近は、別府駅のトキハデパートに支店ができたので、お客さんが分散しているので狙い目です。

ただ、1~3人だと相席になる可能性が大きいので、相席不可に✅を必ず入れてくださいね。

テイクアウトして食べる

出遅れた方は、テイクアウトするのも1つの方法です。

お店に行列が出来ていても、30分ぐらいでお持ち帰りできますよ。

後は、近くの公園などで食べてもいいのではないでしょうか。

駐車場の中村のおじさんも名物です!

ここの駐車場係のおじさんの接客も名物の1つです。

このおじさんの名前は、中村さんと言います。

空いてるスペースにパフォーマンスを交えて誘導していただけます。

さらに、聞かなくても待ち時間を教えてくださったりとまさに神対応なんです。

この中村のおじさんを見てるだけでも、退屈せずに待ってられると思います。

名物のとり天を実食してみた!

とても柔らかくてジューシーな本家とり天定食1430円

見ての通りのボリュームで、ご飯大盛りが無料というのも嬉しいですね。

一口目は何も浸けずに食べてみてくださいね。

その後、酢醬油と辛子を浸けて食べると味が変わって1度で2度美味しくいただけます。

その他で、オススメなお店はレストランリボンですね。

詳しくは、こちらをご覧ください。

東洋軒の営業時間とアクセスは?

東洋軒の営業時間は、11時から15時30分と17時から~22時までです。

アクセスは、以下になります。

くるくる寿司「亀正」は何時から並ぶ?

くるくる寿司の亀正は、平日でも行列が絶えなくて大変人気があります。

その秘密は、ネタが新鮮で大きくて安いところにあります。

亀正の攻略方法はあるのか?

まず、お店に行って名簿に名前を記入しないと始まりませんので、名前と席の希望を名簿に記入します。

やっぱり、最低でも開店1時間半前には名前を記入したいところですね。

くるくる寿司「亀正」

しかし、1時間半もお店の前で待ったり、車の中で待つのは嫌ですよね。

だからといって、駐車場から離れるといざ順番が来ても駐車場の空きがなかったってことにもなりかねません。

第2駐車場を利用する

まず名簿に名前を書いたら、近くの温泉や観光地で時間をつぶします。

そして、10時45分頃には戻るようにしてください。

名前を呼ばれていなければ飛ばされますが、30分間の猶予があります。

なので、戻って来たらスタッフさんに名前を言いましょう!

30分を過ぎるとキャンセルとして扱われますので、30分を過ぎないようにしてくださいね。

亀正第2駐車場

もし戻って来た時に、駐車場が空いていなかったら第2駐車場の方に行きましょう!

この第2駐車場の存在を知らない人も多いようです。

第2駐車場は、反対車線の亀正の前にある道を入ったところにあります。

少し歩きますが、美味いお寿司を食べるためなので我慢しましょうね。

近くのホテルに宿泊する

別府に泊りがけで観光に来るのであれば、亀正の近くのホテルに宿泊してホテルから歩いて行くのも1つの方法です。

これだと駐車場が空いていないかもなんて心配する必要はなく、ホテルで待つことができます。

一番近いホテルは、湯の里葉山です。

湯の里葉山から亀正までは、歩いて約5分で行けますよ。

待ち時間の少ない時間帯を狙う

ポピュラーな方法ですが、待ち時間が少ない時間帯を狙って行くというのもありだと思います。

中トロ

待ち時間が少ない時間帯は、17時以降ですね。

しかし、これだとネタ切れが多くなり関サバや関あじなどが食べれなくなってしまいます。

事実、私が17時ぐらいに行った時にはネタ切れが多かったです。

テイクアウトで持ち帰る

最後の手段は、テイクアウトを利用する方法です。

亀正が、テイクアウトできることを知らない人もいます。

しかし、テイクアウトでは味噌汁が飲めない、出来立てを食べれないなどのデメリットはあります。

亀正の営業時間とアクセスは?

亀正の営業時間は、11時から20時30分まで、お休みは水曜日です。

アクセスは以下になります。

天丼の名店・とよ常別府本店に行こう!

移転したとね常本店の看板

別府で、天丼といえばとよ常です。

昔のとよ常は行列ができていましたが、移転してお店が広くなったので穴場かもしれません。

とよ常別府本店の攻略方法は?

ズバリ!お昼時と夕食時の時間帯をさけることです。

可能ならば、11時の開店時か17時を狙ってください。

もし行列ができていたら?

とよ常本店の正面

もし行列ができていたら、お店の中にある名簿に名前と人数を書いてから、待ち時間を聞きましょう。

その待ち時間を利用して別府湾を眺めるといいですよ。

とよ常名物特上天丼・1210円

とよ常の名物は特上天丼ですが、何を食べても外れはありません。

特上天丼は、特大のプリプリなエビが2匹、ナス、ピーマン、カボチャ、ニンジンがサクサクに揚げられています。

なお、駅前店も移転して広くなっていますので、そちらに行ってもよいかと思います。

とよ常別府本店の営業時間とアクセスは?

とよ常別府本店の営業時間は、11時から21時(L.O.20時)になります。

定休日は、火曜日と水曜日です。

アクセスは、以下になります。

まとめ

別府で絶対に満足する3店をご紹介しました。

人気店の難点は行列ですが、上手にふるまえば短い待ち時間で食べることができます。

今回ご紹介したお店の行列の長さは、個人的な見方ですが亀正>東洋軒>とよ常になると思います。

コメント