PR
Translate This Blog

【関崎海崎館への究極ガイド】大パノラマを満喫するためのブログ

スポンサーリンク
眺めのよい場所
この記事は約4分で読めます。

大分市佐賀関町に関あじ関さばを食べに行くだけじゃもったいない、ついでに観光もしたくないですか?

そんな方にお勧めしたいスポットが関崎海星館です。

ここは、豊後水道を望む300度の大パノラマを楽しむことができます。

天体観測室から昼間は太陽や金星など、夜間は惑星や季節の星などを観察できます。

スポンサーリンク

プラネタリウムは完全予約制

関崎海星館は、大分市佐賀関の岬にある展望・天文施設です。

最近、プラネタリウムもできてさらに充実しました。

完全予約制ですので、予約してから行ってね。

がんちゃん
がんちゃん

予約はこちらからですよ。

展望台からの眺望は絶景の大パノラマ

大パノラマの豊予海峡

展望台からは、「関あじ関さば」の漁場として有名な豊予海峡を300度の大パノラマを楽しむことができます。

ここは日豊海岸国定公園内にあり、アサギマダラやサシバの渡りの中継地としても有名なところなんです。

天体観測室の望遠鏡がすごい

また、天体観測室では口径60㎝の反射望遠鏡で、昼は太陽や金星などを、夜は惑星や季節の星などを観察することができます。

さらに、四季折々の花を眺めながら遊歩道を下りると、「しあわせの鐘」や「関崎灯台」へ行くこともできるお勧めスポットです。

観光をした後には、関あじや関さばを食べに行きませんか?

お勧めのお店は、こちらをご覧ください。

展示室の模型の太陽の大きさにびっくり仰天!

太陽の模型

こちらは100億分の1にした太陽の模型です。

他の惑星

この模型を見ると、地球や他の惑星が太陽に比べていかに小さいことがわかります。

水星・金星・地球・火星は画像では見えにくいですね。

東京オリンピックの銅メダルは大分産だった

東京オリンピックのメダル

展望室には、どういうわけか東京オリンピックの金メダル・銀メダル・銅メダルが展示されていました。

メダルの解説

この銅メダルは、意外や意外!大分産だったんですね。

大分県民として知らなかったことに反省です。

資料館で天地真理や沢田研二を発見!

天地真理と沢田研二

展示室の奥にある資料館では、昔懐かしいレトロな物がたくさんありました。

そんな中で、私が小学生のころ大ファンだった天地真理さんを発見!

隣は、沢田研二さんの若かりし頃ですね。ジュリー~~~!

若い方に天地真理って言っても知らない人が多いと思いますが、昔の超売れっ子アイドルで真理ちゃんブームでお茶の間をわかせていました。

う~ん、実に懐かしいです。

宇宙グッズもあるお土産ショップ

受付横には、宇宙グッズが並ぶ九州有数の品揃えを誇るお土産ショップもあります。

宇宙食なんかも売っていました。

お土産屋さんて観てるだけで楽しいですよね。

関崎海星館の開館時間と入場料、アクセスは?

関崎海星館の開館時間と入場料、アクセスは以下になります。

関崎海星館の開館時間と入場料
  • 開館時間
    • 月・水・木曜日:10時から18時
      • 入館は17時30分まで
    • 金・日・祝日:10時から22時
      • 入館は21時30分まで
    • 8月(火曜日を除く):10時から22時
      • 入館は21時30分まで
  • 休館日
    • 火曜日
  • 入場料:無料
    • 天体観測:大人420円・高校生210円・中学生以下(保護者同伴)無料
    • プラネタリウム:大人500円・高校生250円・小中学生100円
関崎海星館へのアクセス

道が狭く曲がりくねっていますので、運転には十分に注意してくださいね。

まとめ

関崎海星館は、大分市佐賀関の岬にある展望・天文施設です。

「関あじ関さば」の漁場として有名な豊予海峡を300度の大パノラマを楽しむことができます。

また、天体観測室では口径60㎝の反射望遠鏡で、昼は太陽や金星などを、夜は惑星や季節の星などを観察することができます。

関あじや関さばを食べに行ったら、是非とも行かれてみてくださいね。

コメント