1時間あれば国会議事堂が見学できて撮影もOKだった!

ブログランキングに参加していますので、クリック応援よろしくお願いします。
観る
この記事は約4分で読めます。

国会議事堂見学といえば、日本の中心だけあって警備も厳しく敷居が高いと思っていませんか?

実際に見学したところ警備はやはり厳しかったですが、敷居は低くスマホ撮影も11月15日からOKになり案外と自由に撮影することができました。

また、衆参両院をタダで見学できるとはメチャクチャお得にじゃありませんか?それに個人で行くなら、予約もいりません!

ならば、見学するしかないですよね!今回は、参議院の見学がお休みということで衆議院の見学だけですので、参議院のことは別のサイトをご覧ください。

国会議事堂前の横断歩道から撮影

国会議事堂の見学までが敷居が高かった!

最初に敷居が低かったと言いましたが、見学する前まではメチャクチャ敷居は高かったです(笑)。

それもそのはず、国会議事堂の周辺はパトカーや機動隊の車、おまわりさん、警備員さんが多く警備が厳しそうで重々しい雰囲気でした。

さすがに、職務質問はされませんでしたが、暑い日も寒い日も日本の中心施設を警備しているかと思えば、「ご苦労様です」と自然に言葉が出ていました。

警備員さんが常駐する入り口自体が見るからに入りにくそうな入り口で、一歩入り口を入ろうとすると「どのような御用でしょうか?」って声をかけられました。

見学受付入り口なのだから見学希望とわかると思うのですが、必ず声をかけられます!

「見学したいのですが・・・」というと「右側に受付がありますので、そちらに行ってください」と言われました。

怖そうなイメージだったのですが、見学とわかると優しいイメージに変わりました。(笑)

その指示に従って行くと、受付があり「見学ですか?」と聞かれて申込書に名前や住所、TELを記入しました。

その後、エスカレーターを使用して見学待合所に行ってから身体検査と荷物検査をされました。やはり、警備は厳しいと思いました。

衆議院参観受付・入り口

衆議院の見学へレッツゴー!

見学中はトイレに行ったり、途中で見学を止めることはできませんので注意してくださいね。

結構、階段を上がったりしてしばらく歩いたりしますので、足が悪い方は貸出車椅子もありますので、係の方に申し込みしてください。そうすると、エレベーターで行けるようです。

最初に案内された場所が、皇族の方々が国会においでになられた際の休憩室でした。

皇族控室

その隣の部屋が、天皇陛下専用の控室で椅子が一つだけしかないという説明を受けました。皇族控室と比べると、絨毯や椅子からして高価そうで窓も大きくて明るい印象を受けました。

天皇陛下控室

エレベーターも高価そうなドアですので、中は観れませんでしたが普通のエレベーターとは一味違うのでしょうね。

エレベーター

よくテレビで観る自由民主党の控室ですが、中は見学NGでしたが観てみたかったですね。

自由民主党の控室

中央玄関の天井は、ステンドグラスが埋め込まれている天井で一見の価値がありました。

中央玄関のステンドグラス天井

普段は締切の中央玄関の通路を2階から撮影したのですが、天皇陛下や皇族、国会議員の初登庁の時だけしか開かないそうです。

中央玄関

見学途中にトイレがあり撮影したのですが、大理石でしょうか?中まで行くことはできませんでした。

トイレ

よく国会議事堂の真っ赤なじゅうたんっていわれますが、真っ赤というよりも朱色のようでした(笑)。ちなみに、白い物の正体は私の足です。

赤じゅうたん

よくテレビで観る議事堂を傍聴席から撮影したのですが、ご丁寧に誰の席だということがわかる張り紙がされていました。また、広さにして800畳ぐらいあるそうですが、狭く暗く感じました。

衆議院議場

目の前に国会議事堂が観られるのは、やはり見学した特権ですね。

外から撮影

都道府県から送られた木がある通り

案外と知られていないのが、この都道府県から送られた木の通りです。大分県のぶんごうめもあり、嬉しくなってしまいました。ぜひ、あなたの出身県の木を探してくださいね。

大分県のぶんごうめ

隣に、宮崎県の木があり最後は沖縄県でした。しかし、最初は北海道ではありませんでしたので、順番は順不同のようでした。

春になれば花が咲くぶんごうめ

最後の記念撮影

一番最後に、国会正門前から国会議事堂をバックに記念撮影ができます。帰りは正門から出ていきますが、正門を通れるとはいい思い出になりました。

最後の記念撮影

まとめ

国会議事堂の見学は、警備が厳しく敷居が高いようですが、実際に見学してみれば敷居は低かったです。

個人で見学するのであれば、予約もいらなくてタダで、1時間もあればOKですので、日本国民として日本の中心施設の見学を一度はお勧めします。

また、見学ができない日もあるようですので事前に衆議院ホームページで確認してくださいね。アドレスはこちらになります。http://www.shugiin.go.jp/

コメント