大分県でフグを食べるなら安くて美味しい臼杵市まで行ってみよう!

食べる
この記事は約2分で読めます。

突然ですが、フグを食べたくないですか?

それもフルコースで!

大分市や別府市には、沢山のフグを食べさせてくれるお店があります。

しかし、大分でフグを食べるなら少し足を延ばして臼杵市まで行きましょう!

臼杵のフグは、安くて美味しいんです。

ホテルニューうすきへGO!

今回は、ホテルニューうすきにお邪魔しました。

観ての通り、ごく普通のビジネスホテルなんです。

こんなビジネスホテルでも、美味しいフグが食べられるんです!(失礼)

臼杵フグの一番の特徴は?

見た目も鮮やかなふぐ刺し(てっさ)!

臼杵ふぐの一番の特徴は、透き通るような透明感と身の厚さにあります。

臼杵フグと他地域のフグとの大きな違いは、新鮮なうちに料理をすることなんです。

新鮮なフグは、薄引きすることが難しいといわれています。

そのため、臼杵フグは肉厚で歯ごたえのよい食感が楽しめます。

ふぐ刺し

肝をタレに溶かして、大分特産のカボスから作られた自家製ポン酢と薬味を添えて食べます。

焼売とふぐ皮ポン酢

コリコリと弾力があり、何とも言えない至福の時ですね。

薬味と一緒に

フグのお寿司や焼売とふぐ皮ポン酢も美味しかったですね。

てっちりもいただきました。

むろん、〆は雑炊なんですが写真を撮り忘れました(笑)。

てっちり

臼杵へのアクセスは?

大分駅から臼杵駅までは、車で約40分、電車で約1時間かかります。

まとめ

大分県でフグを食べるなら大分市や別府市でも美味しくいただけます。

しかし、臼杵市まで行って食べるのが通の食べ方です。

臼杵のフグは、新鮮で肉厚の歯ごたえのよい食感が楽しめます。

その上、安くて美味しいです。

スポンサーリンク

コメント