ブログランキングに参加していますので、クリック応援よろしくお願いいたします。

天ケ瀬温泉パスポートで入れる穴場な湯ノ釣温泉の半露天風呂

温泉
この記事は約3分で読めます。

天ケ瀬温泉パスポートは、大分県日田市の天ケ瀬温泉で発行されているパスポートですが、その温泉パスポートで入浴できる穴場な半露天風呂のご紹介です。

その半露天風呂があるのは、湯の釣温泉にある「旅館 渓仙閣」なんです。

湯の釣温泉と渓仙閣はどこにある?

湯の釣温泉?どこにあるの?って声が聞こえてきそうですが、大分県日田市にあります。

天ケ瀬温泉の近くにあることから天ケ瀬温泉と思っている方が多いと思いますが、正式には湯の釣温泉といって天ケ瀬温泉とは別な温泉になります。その湯の釣温泉にある1件宿が渓仙閣なんですね。

渓仙閣自体に宿泊したことがないのでその詳細は詳しくありませんが、外観からしておせいじにも立派な旅館とは言えません。失礼!

しかし、ここの半露天風呂がものすごくいい温泉なんです。

正面玄関

半露天風呂のかじかの湯は穴場な名湯だった!

温泉パスポートをカウンターに出してから、旅館の方の指示に従って裏側の玖珠川に向かいます。

裏庭の小道が、いい温泉を期待させてくれますね。立派とはいえないサッシのドア開けて行きます。

裏庭

脱衣場には鍵付きロッカーはなし!

脱衣場には鍵付きのロッカーはありませんので、貴重品の管理には注意した方がいいですね。

後で分かったことですが、ここの旅館に宿泊すると貸し切りで利用できるので、鍵付きロッカーは必要ないと思ってるんでしょうが、日帰り入浴客のためにも設置をお願いしたいですね。

半露天風呂のかじかの湯

洋服を脱いで行くと、こじんまりとした半露天風呂があります。こちらは、男性用でかじかの湯になります。

泉質は単純温泉ですが、少し硫黄の臭いがしました。また、舐めると鉄の味がしました。

お湯は、適温で柔らかくてスベスベしていました。実にいいお湯ですね。

ちなみに午後3時~午後8時の時間帯は、「羅漢の湯」が女性風呂になり、「かじかの湯」が男性風呂になっているようです。

宿泊者は、これらの半露天風呂を貸し切りで利用できるとは羨ましいかぎりですね。

かじかの湯

何でも源泉から49℃のお湯をそのまま浴場に注いでいるので、酸化してないお湯が楽しめるということです。

お湯に浸かっても山の緑が観えてとても癒されますね。

49℃の源泉

アコーディオンカーテンの左側が脱衣場なんですが、防犯のため開けて入浴しました。でも、脱衣場は浴槽から見えないのであまり意味がなかったように思います。

浴場から撮影

熱くなり、立って玖珠川を眺めると川のせせらぎがしてとても癒されました。

半露天風呂から観える玖珠川

源泉かけ流しだが加水をしていた⁉

岩側からも源泉を入れているのかと思ったのですが、こちらは水でした。何と!源泉かけ流しですが、加水を少ししていたんですね。残念!

加水をしないと熱くて入れないのでしょうか?

49℃だったら、そうでもないような気がしますが・・・。

加水

場所はどこにある?

場所は、以下になります。

まとめ

天ケ瀬温泉パスポートで入れる湯の釣温泉の渓仙閣のかじかの湯の詳細をお伝えしました。

渓仙閣の外観があまりよろしくないので、こんなにいい半露天風呂があるとは県外の方は知らないと思います。

そのため、渓仙閣のかじかの湯は穴場な温泉ではないでしょうか?事実、私が毎回行く時には誰もいません。

通常料金で700円もする人気な温泉もいいですが、通常料金500円でもこんなにいい温泉もあるんです。

コメント