長湯温泉のラムネ館よりも穴場で高温な筌ノ口温泉の山里の湯

温泉
この記事は約3分で読めます。

大分県の炭酸泉といえば長湯温泉のラムネ館ですが、あまりにも有名なため入浴客も多いですよね。

そのラムネ館よりも炭酸泉の温度が高くて、あまり知られていない炭酸泉の穴場な温泉?筌ノ口温泉の山里の湯をご紹介します。

筌ノ口温泉の山里の湯は温度が高い!

体に泡が付く炭酸泉は、お湯の温度が低いのが特徴です。

実際に、ラムネ館の炭酸泉の源泉温度は32℃です。

露天風呂の方しか泡が付かないため、夏場はいいのですが冬場は結構寒いです。

ちなみに内湯に入っても泡は付きません。

そのうえ、観光客が多くてゆっくりと入ることができません。

しかし、筌ノ口温泉の山里の湯の源泉温度は38℃~40℃もあります。

この差は、結構大きいですよね。

泡が付く温泉で、これだけの温度を誇る炭酸泉は珍しく貴重な温泉になります。

山里の湯は炭酸泉だけじゃない成分も含まれている

さらに、山里の湯の泉質は含二酸化炭素-ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉でたくさんの成分を含んでいます。

これ自体も非常に珍しいです。

大通りから入ったところの看板
男女別の浴場入り口

よく分からないと思いますが、左側からシュワシュワの源泉が出ています。

浴場は、はっきり言って小さいです。

入った瞬間、えっ?ってがっかりすると思います。

あまりの小ささに!(笑)

浴場は大小に分かれていて小さい方で泡が付きますが、大人2人しか入れない大きさです。

男子浴場

でも、お湯に浸かればあまりの泡付きに感動しますよ。

シュワシュワな泡

源泉から一番遠い男湯で、これだけの泡とシュワシュワ感が楽しめるのなら、一番近い家族湯はもっと凄いに違いありません。

見る見るうちにまとわりつく泡

浴室には、入浴方法の案内が掲示されていますのでしっかり守りましょうね。

入浴方法の案内

同じ筌ノ口温泉で、超おすすめな露天風呂はこちらです。

山里の湯の詳細とアクセスは?

山里の湯の詳細は、以下になります。

  • 営業時間:9時~18時(天候により早く閉店する場合もあり)
  • 定休日:火曜日(不定休あり)
  • 入浴料金:大人600円・子供300円・家族湯2000円(50分間)
  • 住所:〒879-4911 大分県玖珠郡九重町田野1268−2
  • TEL:0973-79-2516
  • 素泊まりの宿泊棟もあり(日帰り入浴メイン)

アクセスは、以下になります。

路線バスもありますが、田舎にため自家用車かレンタカーをお勧めします。

また、冬の時期には積雪や路面凍結が多い地域ですので冬装備を忘れないでくださいね。

まとめ

筌ノ口温泉の山里の湯は、こじんまりとした炭酸泉の温泉です。

しかし、源泉の温度も高く泡付きも申し分ありません。

是非一度、足を運ばれて温度の高い泡付きのいい炭酸泉を味わってくださいね。

スポンサーリンク

コメント