進撃の巨人 in HITA はAR対応端末じゃないと遊べない!

観る
この記事は約3分で読めます。

進撃の巨人の聖地といえば、現作者の諌山先生の出身地である大分県の日田市です。先日、出身地の日田市に恩返しを込めて、「進撃の巨人 in HITA ~進撃の日田~」のアプリゲームが登場しました。

せっかくなので、大分県民の私は日田市に実際に行って遊ぼうと思ったのですが、私のスマホでは推奨環境を満たしておらずダウンロードさえもできませんでした。

進撃の巨人 in HITA ~進撃の日田~って何?

スマホのマップ上に表示される巨人出現情報を頼りに、市内の観光スポットに現れる巨人と対戦するスマホゲームになります。衛星利用測位システム(GPS)を利用して遊ぶのですが、今のところ新型コロナウイルスの感染防止のため国内どこからでも無料(App内課金が有り)で遊ぶことができます。

また、JR日田駅などの場所に行くと拡張現実(AR)を利用して実際の風景と重なって画面上に巨人が出現し、記念写真などが撮れるそうです。ファンならたまらないですよね。

詳しくは、https://shingeki-hita.com/にアクセスしてくださいね。

スマホの推奨環境は?

推奨環境は以下になります。

  • AR Core対応端末であること
  • Android 8 以上であること
  • ネットワーク環境(Wi-Fi・4G・5G)が使用できること
  • GPS・位置情報サービスが使えること
  • Root端末は対象外です
  • タブレットでは最適化されません

アプリのダウンロードは?

アプリのダウンロードは以下になります。


【iOS】
でご利用の方は以下「App Store」よりダウンロード(無料)してください。
https://itunes.apple.com/jp/app/id1523585426?mt=8
【Android】でご利用の方は以下「Google Play」よりダウンロード(無料)してください。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.shingekihita.app

下記QRコードからもダウンロードができます。

オジサンが知らなかったARって何ぞや?

私のスマホは2年前に購入したandroidなのですが、この端末がARに対応していなかったようで遊ぶことができませんでした。そのARって皆さんはご存知ですか?私はオジサンなんでチンプンカンプンでした。

拡張現実(かくちょうげんじつ、: Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ、AR)とは、人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

というわけで、進撃の巨人 in HITA ~進撃の日田~のアプリはカメラからの情報を基に巨人の画像を重ね合わせて、あたかもその場所に巨人が出現したかのように見せかけているのだとわかりました。

皆さんも、私みたいにならないように自分のスマホがARに対応しているか事前にチェックしてから出かけてくださいね。

まとめ

進撃の巨人 in HITA ~進撃の日田~」のアプリゲームが登場しましたが、お使いのスマホがARに対応しているか事前に調べてから現地に出向きましょう!

現時点では、日田市に行かなくてもアプリをダウンロードすれば遊ぶことができます。

コメント