別府の岡本屋はシフォンケーキと山の湯が最高だった!

温泉
この記事は約4分で読めます。

別府といえばプリン!プリンといえば岡本屋が大変有名ですが、シフォンケーキが柔らかくて美味しいことをご存知でしょうか?お土産の一品に加えてみてください。

なぜなら、通販では取り扱いがなく購入できないからです。

そして、お腹いっぱいになったら、向かいの山の湯に入浴して別府を一望してみましよう。

プリンやサンドウィッチはその場で、シフォンケーキはお土産にしては?

お土産に購入したシフォンケーキ

左がバニラのシフォンケーキで右が抹茶のシフォンケーキです。このシフォンケーキは、お店では食べずにお土産に最適だと思いました。確か、4種類ほどあったと思います。

指で軽く押さえたところです

まったく力を入れなくても指が沈んでいくほど柔らかいシフォンケーキなんです。甘すぎず滑らかで何個でも食べられそうでした。実際に、私は2つをペロリと食べてしまいました。

このシフォンケーキは、小さい割には320円と少し高めなお値段ですが食べれば納得の値段と思いました。また機会があれば、絶対に購入して食べてみたいですね。

定番の地獄蒸しプリンと地獄蒸したまごサンドウィッチを実食!

やっぱり岡本屋の売店に来たら、定番の地獄蒸しプリンと地獄蒸したまごサンドウィッチも食べなきゃダメですよね。そんな訳で、実食開始です!

ここでは座席を確保してから、お目当ての食べ物を選びお金を払ってから、セルフサービスで確保しておいた席に持っていって食べるというシステムになっています。

空いていれば、入った正面の窓際のカウンター席で明礬地獄の風景を楽しみながら食べることをお勧めします。

定番の地獄蒸しプリン

定番商品の地獄蒸しプリン!少し硬めの苦みの効いたキャラメルで、昔ながらのプリンで何だか懐かしいお味でした。お値段300円也!

一口目のプリンです

お土産にするのもいいですが、やはりお店で食べるのがGoodですね。

地獄蒸したまごサンドウィッチ

タマゴがぎっしり、キュウリがシャキシャキしていて、食べ応え十分なサンドウィッチ!お値段600円とお高めですが、こちらも食べれば納得のお値段でした。

地獄蒸し塩たまご

地獄蒸し塩たまご1個100円、塩タマゴだけあって何もつけずに美味しく頂きました。ほのかに硫黄の薫りがするのがGoodでした。

日によってお湯の色が変わる?山の湯ってどんな温泉なの?

山の湯は、岡本屋売店の向かいの丘の上にあります。無料駐車場も完備されています。

山の湯の看板

小高い丘にある明礬 山の湯!看板からして入ってみたくなりませんか?入浴料金は、ワンコイン500円です。家族風呂(1時間1500円)もありますよ。

天然温泉の岩風呂の様子(1)

脱衣場の写真はありませんが、6畳ぐらいのゆったりした綺麗な脱衣場で、岩風呂も大変掃除が行き届いていてとても綺麗でした。定期的にスタッフさんがお掃除をしているようです。

天然温泉の岩風呂の様子(2)

浴室は内風呂の1つだけで露天風呂はありませんが、広さにして6畳ぐらいでしょうか?ここの温泉は、何でも日によって薄黄色や白濁だったりするそうです。

この日のお湯は、薄黄色の透明でした。また、明礬温泉独特の硫黄の臭いはあまりしませんでしたが、湯の花がうっすらと浮かんでいました。Goodな温泉ですね。

効能は、神経痛や筋肉痛の痛み全般に効果があるようですね。私の腰痛も軽くなったような気がしました。(笑)

洗い場です

洗い場も広くて開放的でしたが、シャワーのお湯が浴槽に入りそうなのが気になりました。

眺められる景色です

展望岩風呂だけあって、窓のところにベンチがあり風がとても気持ち良く、明礬アーチ橋(高速大分道)や高崎山、別府市街、別府湾を眺めることができます。

残念ながら、浴槽に浸かったままでは観れません。(´;ω;`)ウゥゥ

湯上りどころ

私たちが入浴した時には貸し切り状態でしたので、湯上りどころで寝っ転がって休憩することができました。広さは6畳ぐらいでしょうか?お風呂上りに畳で寝れるっていいですよね。

アクセスは?

アクセスは、以下になります。

まとめ

岡本屋売店は、地獄蒸しプリンや地獄蒸したまごサンドウィッチも美味しいがシフォンケーキも柔らかくて絶品の一品です。お土産の一つに加えてみてくださいね。

また、山の湯からの開放感ある景色もGoodで、季節やその日の天気、気温で変化するお湯をワンコイン500円で楽しむことができます。

山の湯の営業時間は、13時から20時まで、火曜日はお休みです。岡本屋売店の営業時間は、8時30分から18時30分まで、年中無休です。

コメント