スポンサーリンク
スポンサーリンク

日田温泉に浸かって天領日田おひなまつりをお得に回る方法

観る
この記事は約6分で読めます。

大分県日田市の「天領日田おひなまつり」が、令和4年2月15日(火)から令和4年3月31日(木)まで開催されます。

その天領日田おひなまつりをお得に回って、日田温泉でゆっくりしたくないですか?

そのお得な方法は、クーポンをゲットすることです。

日田市は九州のひなまつり発祥の地

天領日田おひなまつりは今年で39回目になりますが、九州のひなまつり発祥の地ということはあまり知られていません。

江戸幕府の直轄地(天領)として栄えてきた日田市には、豪華絢爛なひな人形や人形師によるひな人形がたくさん残っています。

また、紙や布で作られた「おきあげ」という非常に珍しいひな人形も見ることができます。

草野本家をはじめ15施設を観て回ろう

草野本家をはじめ全部で15施設ありますが、交通規制(一歩通行)がありますので注意してくださいね。

天領日田おひなまつりマップ

草野本家は2月25日から3月21日まで

日田おひなまつりの始まりは草野本家ですが、公開日が遅く終わりも早いので注意してくださいね。

詳細
  • 公開期間:2月25日~3月21日
  • 公開時間:10時~17時(最終入館16時30分)
  • 休館日:木曜日(3月3日は公開・3月2日は休館)
  • 入館料:大人550円・中高生250円
  • 住所:日田市豆田町11-4
  • TEL:0973-24-4110

薫長酒蔵資料館で甘酒や新酒を楽しむ

日田市を代表する老舗酒蔵の一つです。

お酒を楽しみながら、おひな様を観るのもいいですね。

詳細
  • 公開期間:2月11日~3月31日
  • 公開時間:9時~16時30分
  • 休館日:なし
  • 入館料:無料
  • 住所:日田市豆田町6-31
  • TEL:0973-22-3121

嶋屋本家はおきあげ雛が観られる

嶋屋本家は、紙や布で出来た貴重なおきあげ雛と代々受け継がれたひな人形が観られます。

詳細
  • 公開期間:2月15日~3月31日
  • 公開時間:9時~18時
  • 休館日:水曜日(おひなまつり期間は無休)
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-22-2356
  • 住所:日田市豆田町14-5

工房 黒船屋の創作人形

工房 黒船屋では、創作人形や新しいひな人形を観ることができます。

詳細
  • 公開期間:2月15日~3月14日
  • 公開時間:10時30分~17時
  • 休館日:なし
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-22-2914
  • 住所:日田市豆田町4-15

天領日田はきもの資料館で真多呂人形を観よう

天領日田はきもの資料館では、愛嬌のある真多呂人形を観ることができます。

詳細
  • 公開期間:常設
  • 公開時間:10時~17時
  • 休館日:不定休
  • 入館料:100円
  • TEL:0973-28-6064
  • 住所:日田市豆田町3-11

天領日田資料館

庶民のおきあげ雛が観られます。

詳細
  • 公開期間:2月11日~4月3日
  • 公開時間:9時~17時
  • 休館日:なし
  • 入館料:320円・中高生220円
  • TEL:0973-24-6517
  • 住所:日田市豆田町11-7

ひな御殿は国内最大級

ひな御殿は、国内最大級のひな人形ミュージアムです。

詳細
  • 公開期間:常設
  • 公開時間:9時~17時
  • 休館日:1月1日
  • 入館料:300円
  • TEL:080-4275-0898
  • 住所:日田市豆田町13-6

日本丸館は小道具も観られる

お薬の日本丸館では、小道具も観られます。

詳細
  • 公開期間:2月15日~3月31日
  • 公開時間:10時~16時
  • 休館日:なし
  • 入館料:350円
  • TEL:0973-23-6101
  • 住所:日田市豆田町4-15
天領日田おひなまつり交通規制

日本料理 春光園

日本料理の春光園では、歴史あるひな人形を観ることができます。

詳細
  • 公開時期:2月15日~3月31日
  • 公開時期:11時~17時
  • 休館日:水曜日・不定休
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-22-2824
  • 住所:日田市隈1-3-3

てまり工房と提灯工房

てまり工房と提灯工房では、可愛らしい手まりのおひな様を観ることができます。

詳細
  • 公開時期:2月15日~3月31日
  • 公開時間:9時~17時
  • 休館日:不定休
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-22-2028
  • 住所:日田市隈2-6-10

原次郎左衛門家

お味噌とお醬油の蔵元である原次郎左衛門家では、三菱財閥の雛段飾を観ることができます。

詳細
  • 公開期間:2月15日~3月27日
  • 公開時間:9時から17時(最終入館16時45分
  • 休館日:なし
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-23-4145
  • 住所:日田市中本町5-4

日田祇園山鉾会館

日田祇園祭の山鉾と明治のひな御殿を観ることができます。

詳細
  • 公開期間:常設
  • 公開時間:9時~17時
  • 休館日:なし
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-24-6453
  • 住所:日田市隈2-7-10

椎茸の森菊

椎茸の森菊では、微笑んだひな人形を観ることができます。

詳細
  • 公開期間:2月15日~3月31日
  • 公開時間:9時~18時
  • 休館日:不定休
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-22-2671
  • 住所:日田市隈2-8-13

老舗酒蔵の清渓文庫

老舗酒蔵の井上酒造の清渓文庫では、四世代に受け継がれたひな人形を観ることができます。

詳細
  • 公開期間:2月15日~3月31日
  • 公開時間:10時~17時
  • 休館日:火曜日
  • 入館料:300円
  • TEL:0973-28-2213
  • 住所:日田市大鶴町2299

川津家の人形と下絵

川津家では、市有形文化財に指定されたおきあげ人形を観ることができます。

また、全国的にも珍しく貴重な人形と下絵も展示されています。

詳細
  • 公開期間:2月15日~3月25日
  • 公開時間:10時~17時
  • 休館日:なし(事前予約)
  • 入館料:無料
  • TEL:0973-22-2002
  • 住所:日田市有田町1520

ひた豆田探索チケットと天領日田おひなまつりのクーポン

人気のある天領日田おひなまつりをお得に回って日田温泉に入る方法は、日田市観光協会でクーポンを買うことです。

日田市観光協会では、お得な2つのクーポンを販売しています。

日田市観光協会はJR日田駅の横にあります。

ひた豆田探索チケット

豆田町の13施設で、2名まで使用することができるお得なクーポンです。

例えば、草野本家の入館料が100引きになったりしますので使わないと損ですよね。

その他にも、食事で200円引きなどの特典もありますよ。

詳細
  • 利用期間:通年
  • 料金:120円
  • 入館施設:草野本家・天領日田資料館・日本丸館
  • 食事:ごうや亭・MUGIYA CAFE・秋子想・日田まぶし千屋・和食工房新・蕎麦・酒処麦屋・そば馳走庵草八・いた屋本家
  • 買い物:待鳥松月堂・赤司日田羊羹本舗

天領日田おひなまつりクーポン

レンタサイクル1日利用券と市内10施設への入館・入浴に使えるクーポンが3枚セットになった期間限定のクーポンです。

詳細
  • 利用期間:令和4年2月15日(火)~3月31日(木)
  • 料金:1冊1,500円(クーポン3枚)
  • 販売場所:日田市観光案内所(JR日田駅横)
  • 入館:草野本家、日本丸館、ひな御殿、天領日田資料館、日田祇園山鉾会館
  • 入浴:亀山亭、日田の宿よろづや、小京都の湯みくまホテル、琴平温泉ゆめ山水、かんぽの宿日田
  • レンタサイクル1日利用(クーポン1枚必要)

自転車で巡って温泉に入るならお得なクーポン

天領日田おひなまつりクーポンは、自転車で巡って温泉に入るならお得になります。

一番お得になるのは、3人で1つのクーポンを買うことです。

レンタサイクルの1日利用料金は1人1,000円ですので、3人いれば1人500円でレンタルできます。

おひなまつりの入館料は、一番高いのは草野本家で大人550円、中高生250円です。

その他のおひなまつりの施設は、無料だったり高くても350円ですのでクーポンを上手に使ってくださいね。

みくまホテルから三隈川を望む夜景

まとめ

天領日田おひなまつりをお得に回って、日田温泉でゆっくりする方法をお伝えしました。

お得なクーポンをゲットして、春の訪れを感じながら天領日田の町並みを散策してみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント