大分市で「しらしんけんタク配」が始まったが問題点もあり!

食べる
この記事は約2分で読めます。

お店の料理をタクシーで自宅や職場に届けてくれるサービスが大分市で始まりました。その名もしらしんけんタク配です。コロナ禍で窮地に追い込まれている飲食業界とタクシー業界がタッグを組んだ宅配サービスになります。

大分市に出張などで見えられた時には、事前にホテルなどから注文すればホテルの前で受け取ることができますので安心ですね。ちなみに、しらしんけんとは大分弁で一生懸命という意味です。

某宅配サービスでは配達されない飲食店の料理を食べられるので嬉しい限りですが、問題点もあります。

しらしんけんタク配ってどんな宅配なの?

この宅配サービスは、無料通信アプリLINEで名前や電話番号、配達場所などを登録して、市内51の飲食店から食べたい料理を注文すると市内のタクシー会社10社から配達されます。

配達可能エリアは飲食店から10㎞までとなっていて、配達料金は500円から最大1,200円で商品代と合わせた金額をタクシーの運転手に支払う仕組みになっています。

しらしんけんタク配の詳細は公式HPをご覧ください。https://store01.mcapps.jp/site/

しらしんけんタク配のお勧めできるところは?

  • 某宅配業者が契約していない飲食店の料理を食べることができる
  • メニューが豊富である
  • 徹底除菌されたタクシーと研修終了ドライバーで安心できる
  • LINEで簡単に注文ができる

しらしんけんタク配の残念なポイントは?

  • 大分市限定でお店から片道10㎞であること
  • 食べたい時に注文できない(ランチが当日の10時まで、ディナーが当日15時まで)
  • 配達時間が決まっている
  • 汁物が配達されない
  • 複数店舗の注文の場合にはそれぞれタクシー代がかかる

まとめ

しらしんけんタク配が大分市で始まりました。とても嬉しくて良いサービスですが、食べたい時に注文して食べられないなどの問題点もあり改善してほしい限りです。

コメント